オーケストラと聴力障害

聴覚障害(難聴)を引き起こす可能性が多い職業とはどんな職業だと思いますか?

  • 製造業
  • 建築業
  • 採掘業

聴覚障害の補償請求額の半分は製造業と建設業によるものであることから、一般的にこれらの業種が聴覚にとって危険な業種であると言えます。

しかし、安全でないサウンドレベルの環境で働かなくてはならない別の職業があることを知って驚くかもしれません。それはプロのオーケストラ ミュージシャンです。 多くの人は、オーケストラを安全でないレベルの音に関連付けませんが、オーケストラのメンバーによると「オーケストラピット」は非常に騒々しい場所になる可能性があります。

どのくらいうるさいのでしょう?公表されている多くの国際規格によると、職場での騒音に関する安全なガイドラインは、8時間のLAeq,85dB(A)、またはLC,140dB(C) のピークにすぎません。これは労働者が8時間の就労時間中に、140dBのピークまたは85dBを超えた騒音の中にいてはいけないことを意味します。

難聴訴訟はオーケストラのミュージシャンを守る義務について疑問を投げかけます

2017年、ロンドンのロイヤルオペラハウス(ROH)の元バイオリニスト クリス ゴールドシャイダー氏は雇用主に対して、彼が受けた恒久的な聴覚障害は2012年に行ったワーグナーの「Die Walküre(ダイワルキューレ)」での2回のリハーサルによって引き起こされたとして訴訟を起しました。

ゴールドシャイダー氏の周囲の音が137dBに達したという主張を疑う余地はありませんでした。英国のワーキンググループである Sound Advice の調査によると、ソロトランペットの演奏では 3メートル先で平均で約98dB, ピークで113dBでに達します。

参考までに、”痛み” のしきい値は125dBで、ロックコンサートでのピーク値は150dB前後です。スペースが狭く天井が低いオペラピットで、ワーグナーオペラが終盤に近づいた時に何が起こるかは明白です。

裁判を担当したニコラ・デイビス裁判官は、法律が「工場とオペラハウスを区別しない」という法律に基づいてゴールドシャイダー氏の主張を支持しました。

クリス ゴールドシャイダー氏は訴訟に勝ち、ロイヤルオペラハウスは労働での騒音規則違反で75万ポンド(約1億円)の支払いを行った上、控訴裁判所への訴訟にも敗北しました。

Sotto Voce 方法論

オーケストラ ミュージシャンがさらされている音のレベルのタイプについて、これまで世界中で多くの測定が行われてきました。 

以前の研究の多くは、長期間にわたるレベルに関するデータをほとんど提供していないため、単独で比較した場合、結論は矛盾しています。 

Sotto Voceがシステムとして提供できるものは、オーケストラ環境でオペラとバレエのために演奏するクラシックオーケストラ内のさまざまな位置での音の詳細情報をトレースできる完全なツールです。 

フルシーズンの作品について、パフォーマンスの種類と長さ、リハーサルなどに基づいて、毎日、毎月、または毎年ベースで音暴露を決定できます。 

正確に記録されたリアルタイムの結果が得られたら、これを騒音の産業基準と比較し、分析的に使用して、多くのミュージシャンはしばしば90dB(A)を超えるレベルの音に日常的にさらされているため、これらの比較的高い音レベルとなることを理解することができます。

正確に記録されたリアルタイムの結果が得られたら、これを騒音の産業基準と比較し、分析的に使用して、多くのミュージシャンがしばしば90dB(A)以上のレベルに日常的にさらされているため、これらの比較的高い音レベルを理解することができます 。